店舗内装において注意する点

本当に事前準備は大切です

店舗内装 | 内装工事ならIDEAL-イデアル-

どれくらいの人数を収納できるのか、BGmはどんな系統の音楽が流れるのか、おしゃれな店を目指すのか、職人気質の玄人が好む店舗にするのかなど合わせて友人に細かくリサーチしました。
そこで初めて分かったことを含めると本当に事前準備は大切です。
内装は一度決めたデザインを変更するとなると、それがたとえ細部だとしてもかなりの手間が掛かります。
使用する素材やそれにかかる費用などを一から決め直さなければならないからです。
デザイン工学で学んだ苦労を一通り友人に伝えることで、忙しい店舗開店準備の合間を縫って私との打ち合わせに何度も参加してくれるようになりました。
一握りの天才デザイナーは依頼主をその才能によって満足させられますが、私はまだその域に達していません。
また、そこまでのノウハウも乏しいので、お金を取っておらず、できる限り本人のイメージに沿う内装が作りたかったというのが本音です。
他にも、実際に開店してからお客さんに出すラーメンを一足先に食べさせてもらいました。
これには友人はだいぶ驚いていましたが、店舗内装のためというと納得してくれました。
どんなラーメンを提供するかによって店の雰囲気ががらりと変わるからです。
その時食べたラーメンは醤油味の濃い本格的なものでした。
そこで、どちらかというと重厚感のある黒色を基調とした壁紙を天井と壁に貼ることに決めました。
これだけだと重苦しいので、床は高級感を持たせるためにタイルカーペットを敷き詰めました。
これにより、ちょっとリッチなラーメン屋という印象が自動ドアをお客さんがくぐり抜けた瞬間抱きます。
あとはラーメンの味がお客さんの希望に添うレベルかどうかで店が繁盛するかどうか決まります。
結果的に美味しいラーメンだったので全く心配は要りませんでした。

内装のことについてはずぶの素人本当に事前準備は大切です掃除し易い内装デザイン